なぜプロゲーマーに憧れるのか?

マッドキャッツブース
マッドキャッツブース

 

TGS(東京ゲームショウ)行ってきました!今年は…XBOXのブースがもう……(涙)

去年は遠目からしか見えなかったスト4のイベントでしたが今年は間近でプロゲーマー達の試合を見ることができました。

私が彼らを応援している(もしくは憧れている)理由はズバリ、「ゲームバカ」だからです。「○○バカ」はいろんな業界にいますけれど、とりわけ私が格ゲー好き、かつ同世代ということで身近に共感できる存在なんだと思います。

毎日毎日練習に明け暮れるゲーム好き。ひたすら没頭し情熱を注ぎ続け、勝利を手にした時の喜びは代えがたいものがあります。……でもプロは勝つだけではだめ。「勝ち続け」なくてはいけない、とはウメハラさんの言葉。

結局のところ勝っても負けてもひたすらストイックに打ち込むのが彼ら。縁のない人から見れば「ゲームごときによくやるなー」って感じなのかもしれません。でもね、何ごとも全身全霊込めるからこそドラマが生まれるし、人の心を動かすもんだと思うんです。

私も絵が上手くなるように日々練習します。なかなかしんどく地味な作業です。上には上がいるし、そもそも上手けりゃ良いものでもない。葛藤を続けると「やっぱり自分には向いていないのでは?」病に陥ることもしばしばあります。そんな自分だからこそ我道をまっすぐに進んでいく彼らに「憧れ」ているんでしょうね。

彼らから伝わる情熱の少しを自分の絵に注ぎ込めたらと思います。よい一日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です